歌手

【画像あり】鬼束ちひろのヤバい奇行7選!過去には炎上騒動も?

鬼束ちひろ

2021年11月28日にシンガーソングライターの鬼束ちひろさんが逮捕されたとニュースになりました。

「月光」「眩暈」など数々のヒット曲を生み出し、その歌声で多くの人を魅了してきた鬼束さん。

歌手活動以外の部分を調べてみると、過去には炎上騒動を起こしていたり、いろいろとヤバい事実が見えてきました。

今回は、鬼束ちひろさんの過去の奇行をまとめてみたいと思います。

鬼束ちひろ逮捕の概要

鬼束ちひろ

2021年11月28日に逮捕された鬼束さん。

一体何があったんでしょうか?

「当時、鬼束容疑者は現場近くのパチンコ店に知人女性と一緒にいました。女性の体調が急に悪くなったため119番通報。その際、駆けつけた救急車を蹴ったそうです。警視庁渋谷署の調べに対し鬼束容疑者は、こう供述しています。『通行人にイヤ味を言われパニックになってしまった』と。破損した救急車の修理代は、鬼束容疑者が負担することになりそうです」(全国紙社会部記者)

FRIDAY
  1. 鬼束さんと一緒にパチンコをやっていた友人が急に体調が悪くなったため、救急車が呼ばれる。
  2. 通行人がイヤミを言う(友人を侮辱?)
  3. 鬼束さんパニック→救急車を蹴る(キレた?)
  4. 器物損壊の現行犯で逮捕

ニュース記事をいくつか見てみましたが、事件の概要はこんな感じでした。

通行人に何を言われたかはわかっていません。

鬼束容疑者は、警視庁のその後の調べに、「自分が一番悪いというのはわかっているが、わたしに嫌みを言った男は許せない」と供述しているという。

FNNプライムオンライン

よっぽどショックを受けるようなことを言われたんでしょうか?

続報を待ちたいですね。

薬物反応は?

鬼束容疑者の逮捕を受けて、28日夜の渋谷署前には約30人の報道陣が集まった。午後10時50分頃、同容疑者を乗せた車両が同署から出発したが、後部座席の様子は見えなかった。捜査関係者によると、薬物検査などの健康チェックのため病院に向かったという。

サンスポ

鬼束さんは逮捕後、病院で薬物検査を受けているようです。

事件現場では泥酔したようにぐったりしていたそうです。

救急車を蹴るという行為もぶっ飛んでますし、薬物の使用を疑われても仕方ない状況かもしれませんね。

署に連行された鬼束容疑者は薬物検査を行ったが、この日までに陰性だったことが判明。飲酒もしていなかった。

東スポweb

薬物検査は陰性でした。

ファンの反応

これぐらいの行動で鬼束さんのイメージが変わることはないという意見がいくつか見られました。

救急車を蹴るって結構大事だと思うんですが、大したことないというイメージなんでしょうか?

過去の行動について調査していきたいと思います。

①鬼束ちひろが飼っていたハムスター

2000年に歌手デビューし、その年にリリースした「月光」で一躍人気者になった鬼束さん。

最初に炎上騒ぎになったのはペットのハムスターがきっかけでした。

2001年2月16日放送の「ミュージックステーション」出演時のタモリさんとのやりとりです。

ニュース記事などは見つからなかったんですが、概要としては以下の通り。

  • 夏にハムスターをベランダに出していたら熱射病で死んでしまった
  • 冬にもう1匹飼っていたら凍死してしまった

ペットの世話の失敗談ぐらいなら良かったんですが、死なせたことを笑いながら話していたために炎上しました。

公式HPに苦情が殺到し、当時所属していたレコード会社の社長が謝罪文を出しています。

鬼束ちひろってヤバい?と言われた最初のエピソードでした。

②鬼束ちひろは精神不安定?

2003年に声帯結節を発症して活動休止した鬼束さん

デビュー以来アルバム制作やツアーなど過酷なスケジュールの影響と言われています。

03年に声帯結節を発症して活動休止。手術を経て復活したが、活動方針をめぐって事務所と対立し、移籍騒動によって長期の活動休止に追い込まれた。この期間中、鬼束は大量服薬によって自殺未遂を図り、体重が36キロまで落ちたという。

EXCITEニュース

活動再開時に事務所とトラブルがあり、最終的に移籍しました。

このトラブルの間に大量服薬による自殺未遂があったようです。

彼女は02年の全国ツアーで「観客の顔が突然悪魔に見えて、マイクを持つ手がガタガタと震えた」という経験を何度もしたことで、パニック障害を患っていることが判明。そのツアーを最後に発作は出ていないが、今でもステージに立つと不安になるという。

EXCITEニュース

パニック障害を患っているという記事も発見しました。

繊細な神経の持ち主だからこそ、素晴らしい楽曲が書けるのかもしれませんね。

③鬼束ちひろの元カレDV事件

鬼束ちひろ

2010年8月18日に鬼束さんは全治1ヶ月の重症を負いました。

シンガーソングライター、鬼束(おにつか)ちひろ(29)の顔を殴るなどしてけがを負わせたとして、警視庁渋谷署は17日、傷害の疑いで住所不定、無職、古宮裕輔容疑者(39)を、潜伏先の東京都立川市内のホテルで逮捕した。

夕刊フジ

起訴状によると、古宮被告は今年8月18日午前6時ごろ、渋谷区内のマンションで鬼束の顔を殴ったうえ、床にたたきつけ、両目を指で突くなどし、全治1カ月の重傷を負わせたとされる。

夕刊フジ

重症を負わせた交際相手は2010年9月に逮捕されています。

古宮さんは身長190cmと体格がよく、モデルとして活動していたそうです。

強面でちょっと近寄りがたい雰囲気ですね。

事件発覚時、鬼束と“DV男”との関係がいろいろ取りざたされていたが、その後の警察の調べによると、2人は事件の約2週間前に知り合ったばかりだったという。

夕刊フジ

二人が出会ったのが2010年8月で、数日で同棲を始めていたようです。

鬼束さんも脇が甘かったですね。

2005年にもストーカー被害に遭っていますし、トラブルに巻き込まれやすい体質なのかもしれません。

④鬼束ちひろのインタビューがカオス

鬼束ちひろ

2011年7月31日のニコニコ生放送「小室みつ子のGetWild」に出演した時のインタビューがカオスでした。

「好きな単語は?」という質問に「なきにしも荒川」と答える鬼束さん。これには、みっこ、ひろゆき、視聴者ともに「???」が躍る。「なきにしも荒川、って言っちゃうでしょ」この時点で、全員が“鬼束ワールド”に取り込まれてつつあった。

EXCITEニュース

うん、意味がわからない(笑)

別のインタビューでもこんなやり取りがありました。

■活動再開から1年ちょっとたったわけですが。この1年どうでしたか?

鬼束:畳の目を数えてました。

■え? それは暇だったということですか?

鬼束:限界の向こう側。

■に、行った?

鬼束:畳というものを使ってね。

会話になっていませんね(笑)

この頃からぶっ飛んだキャラになっていたんでしょうか?

⑤鬼束ちひろのTwitter騒動

鬼束ちひろのtwitter

2012年6月22日に公式Twitterを開設した鬼束さん。

その最初のツイートがこちら。

あの繊細な歌声と清楚なイメージからは想像できないテンションですね。

そしてその数時間後、問題のツイートが投稿されます。

鬼束ちひろのtwitter

殺害予告とも受け取れるこのツイート。

一体どうしたんだ?と炎上騒ぎになりました。

和田は番組冒頭「『殺してえ』なんてつぶやかれちゃってね。芸能界にいない紳助まで」と話題を挙げると「いろいろあるけど、つぶやくっていうのもどうかねえ?」とチクリ。「変わった人だよね。とにかく変わった人だから放っておこうね。ここ(ラジオ)で言ったからもうおしまい」と反撃した。

デイリー

和田さんは翌日のラジオ放送で大人の対応。

その後、鬼束さんも謝罪文を公式HPに公開していました。

鬼束ちひろのtwitter

この時のアカウントは現在凍結されているようです。

現在の公式アカウントは別に存在します。

鬼束ちひろのtwitter
鬼束ちひろのtwitter

一連の騒動の前に鬼束さんが和田アキ子さんや島田紳助さんとトラブルになっていたという情報は見つかりませんでした。

初めてのTwitterで舞い上がってしまったんでしょうか?

この頃から鬼束さんはそういうキャラみたいな捉え方をされるようになったみたいです。

⑥鬼束ちひろのメイクの変化

鬼束ちひろ

2013年5月9日に放送された「アウト×デラックス」でメイクが激変して話題になりました。

その時の画像がこちら。

デビュー当時と比較してみましょうか。

鬼束ちひろ

違いすぎる(笑)

ど派手なメイクでスタジオに現れた鬼束は「Re make!」「This is a Pen!」などと言い出すほか、ダルマにイラストを描くことにハマっていると語り、矢部とマツコに突然ダルマをプレゼント。予測不能な行動を連発してMCの2人を困惑させる。

音楽ナタリー

視聴者も困惑してますね。

デビュー当時はレコード会社が清楚系で売り出していましたが、元々派手なメイクが好きだった鬼束さん本人は不満だったそうです。

こちらが本来の姿ということですね。

ネットの反応が気になったのか、2014年にアウトデラックスに再登場した時はナチュラルメイクに戻っていました。

鬼束ちひろ

2021年の最新シングル「スロウダンス」のジャケットもナチュラルメイクですね。

気分によってメイクも変わるのでしょうか?

⑦鬼束ちひろのキック

2021年11月28日に救急車を蹴って器物損壊の現行犯で逮捕された鬼束さん。

実は蹴り癖があったという情報が入ってきました。

鬼束を知る関係者は「昔から何かしゃくに障ると、そのへんにあるものをやたらめったら蹴っていました。蹴る対象のものは何でもよくて、それこそ〝蹴り癖〟とでも言っていいようなもの。だから、今回の報道を聞いたときには、キレたときに、たまたま近くにあったのが救急車だったのだろうなと思いました」と証言する。〝鬼束キック〟は半ば見慣れたものでもあったというのだ。

東スポweb

これはびっくり情報ですね。

過去にも物を蹴って壊したことがあるんでしょうか?

自伝的エッセイでは、過去にマネージャーの車のフロントガラスを素足で蹴破ったことを綴っていて、喜怒哀楽が激しいタイプと見られています」(芸能関係者)

NEWSポストセブン

2011年に出版された自叙伝「月の破片」にエピソードがありました。

マネージャーの車のフロントガラスを蹴破ったことがあるそうです。

怒ると怖そうですね。

鬼束さんも40代になったことですし、ちょっと落ち着いてほしい気もしますね。

まとめ

今回は鬼束ちひろさんの過去の奇行についてまとめてみました。

かなりエキセントリックな人だということがわかりました。

音楽制作には素晴らしい才能を発揮していますが、感受性が高い分精神的に不安定なのかもしれません。

騒動が落ち着いたらまたあの美しい歌語を披露してほしいですね。

⬇⬇鬼束ちひろの関連記事はこちら⬇⬇
【画像あり】鬼束ちひろの化粧変化!現在と若い頃を比較してみた

【画像】田中聖の筋肉がヤバい!激太りしてた時期と比較してみた!

【画像】城田優はカツラ?若い頃と比べてハゲて劣化したのか検証!

スポンサーリンク